空き家・空き地管理サービスについて

【空き家等の現状】
近年、空き家は大きな社会問題になっています。
人口減少社会において、不動産の需要と供給のバランスから今後も空き家の数は
増えていくことが予想されています。

空き家になる原因もいくつか考えられますが、そのまま放置しておくといずれは
せっかくの資産がご自身にとって足枷になってしまう場合も考えられます。
管理の悪くなった空き家・空き地は近隣の風紀や防犯上にも問題を与える可能性が
あり、近隣等との関係も悪化してしまう場合が考えられます。

それでは例えば、どんな理由で空き家になってしまうのでしょうか?

① 所有者がお亡くなりになり、ご家族も同居されていないケース
 所有者の方がお亡くなりになり、配偶者やお子様たちも独立されたような場合に
 空き家になる可能性があります。

② 所有者が出張や長期療養等でご自宅を長期間留守にすにしてしまう。
 所有者が出張等で空き家となっているが賃貸等で貸出すつもりが無い場合や、ご本人が
 病気等による長期療養を余儀なくされた場合等が考えられます。

③ 所有者が成年後見等の契約等の判断能力を失ってしまった場合
 所有者が、認知症等により介護施設への入所をされたり判断能力を失ってしまい
 利用及び契約行為等が出来なくなりそのまま放置された状態です。

④ 宅地に建物が建っている事で、土地にかかる固定資産税や都市計画税が軽減されて
 おり、更地にすることでそれらの租税が高くなってしまう為にそのままの状態に
 なっている場合があります。

【空き家等への対策】
上記空き家等の現状からどのような対策が可能かを具体的に考えてみましょう。
方法は様々ですが、お客さまの環境により選択内容も変化してくると思います。

① 現状を維持しながら、必要に応じて管理を行っていく。具体的には月1~2回程度の
 空き家等の点検作業を行い必要に応じて修繕等を行っていく方法。
 (将来的に利用計画等がある場合には有効であると考えます。)
 ➡空き家点検サービスの内容はこちらからご確認下さい。

② 現状の状態によっても違いますが、空き家の場合であれば修繕等を行い賃貸物件として
 貸し出しを行う方法。
 (物件の所在やリフォーム費用との兼ね合いで賃料設定等も変化します。)

③ ②同様、空き地の場合であれば、特に大きな費用をかけずに維持していく方法として
 駐車場として貸し出しを行い、土地にかかる固定資産税等の費用をまかないながら維持を
 していく方法。

④ 空き地の場合に、賃貸物件を建築して収益物件として検討する方法。
(立地条件や周辺の賃貸動向により最適なプランニングをご提案します)

⑤ 空き家・空き地を売却して現金化する。
 空き家・空き地の利用予定が無く、相続等で資産を現金化して分割をお考えの場合等は
 売却により現金化を行なう方法があります。

上記の空き家の対策にも教科書のような正解がある訳ではありません。それぞれのご家族に
とっての最良の方法をご一緒に検討していきましょう。まずは、一度ご相談下さい。