空き家点検サービス

【空き家点検サービス】
空き家対策の中でも現状を維持しながら、必要に応じて管理を行っていくサービスです。具体的には
月1~2回程度の 空き家等の点検作業を行い必要に応じて修繕等を行っていく方法です。
(将来的に利用計画等がある場合には特に有効であると考えます。)

【主な点検業務内容】

  業 務 内 容 業 務 実 施 要 領
建物外視確認 建物外部より変化の有無を確認します。
建物周辺清掃 敷地内屋外や前面道路の簡易な清掃
郵便ポスト整理 郵便ポストに入れられたものを整理し、必要なものを転送
4 通気・換気 窓を開放し、空気の入替えを行ないます。
雨漏りの確認 全部屋の雨漏りの痕跡有無の確認をします。
室内清掃 建物内部の簡易な掃除をします。
通水・封水 水道蛇口を開放し通水を行ない、排水トラップに通水し臭気・
害虫を防止します。
草木の確認 剪定や除草の要否を確認します。
提案・助言 上記以外で必要と認められる作業等の提案や助言
10 鍵の保管・管理 所有者様よりお預かりした鍵の保管・管理
11 報告書の作成 巡回した内容を写真付き報告書にまとめ、所有者様へ提出
させて頂きます。

上記の主な点検業務内容種別の中から業務の内容に応じて、費用の設定を行ないます。
外観等中心に確認を行なうCタイプ、外観プラス敷地内の確認を行なうBタイプ、そして外観の確認に加えて
室内の確認も行なうAタイプと3種類のタイプによってそれぞれ建物や敷地の広さによって料金のお見積りを
提出させて頂きます。

まずは、どのような内容で点検作業を行なうか、料金設定等のご確認をお願い致します。